武書房

GREEのレビュー機能が終わるので今後はこっちに書きます。

僕の小規模な失敗

大型連休に突入する夜、一気読み。 僕の小規模な失敗 作者: 福満しげゆき 出版社/メーカー: 青林工芸舎 発売日: 2005/09 メディア: コミック 購入: 21人 クリック: 367回 この商品を含むブログ (348件) を見る 家にある福満しげゆき先生の作品といえば今まで…

日本以外全部沈没

だいぶ空いてしまった。例によって蟻のようにアホ忙しくて。 積んでたこの本をやっと、こないだの東京出張の時に読んだ。 日本以外全部沈没―パニック短篇集 (角川文庫) 作者: 筒井康隆,山藤章二 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 2006/06/24 メディア: 文…

松田洋子『相羽奈美の犬(全)』

毎週恒例、松田先生の漫画の時間です。 相羽奈美の犬(全) (ビームコミックス) 作者: 松田洋子 出版社/メーカー: エンターブレイン 発売日: 2012/12/24 メディア: コミック 購入: 2人 クリック: 4回 この商品を含むブログ (6件) を見る タイトルの(全)は「完…

松田洋子『好きだけじゃ続かない』

最近、松田洋子先生の漫画ばっかり読んでる気がする。心が求めてる。 しかし先生は寡作みたいなので、もうすぐ読破してしまうかもと思うと寂しくもある・・ 好きだけじゃ続かない (ビームコミックス) 作者: 松田洋子 出版社/メーカー: KADOKAWA/エンターブレ…

潜行~地下アイドルの人に言えない生活

2/19、東京出張の折、下北沢「本屋B&B」でトークイベントというものに初めて参加した。私の愛慕する西田藍さんを拝見するために。 そのイベントに一緒に出演していたのが「地下アイドル」姫乃たまさんだった。 もちろんお目当ては西田さんで、それだけでも十…

『私を連れて逃げて、お願い。』1~3巻

評判いいらしいのは知ってた。 あと『ここは退屈迎えに来て』と一時期混同してた。 う~ん、面白そうやけど、どうしよ…ぐらいに思ってたところ、最近最終巻が出て、私の愛慕するアイドル・西田藍さまが絶賛してたのに背中を押された。 金曜「今日は21時に上…

松田洋子『ママゴト』1~3巻

昨日『私を連れて~』読んですっかりやられたので。 今日も買って一気読みしてしまった。 ママゴト 1 (ビームコミックス) 作者: 松田洋子 出版社/メーカー: エンターブレイン 発売日: 2011/08/25 メディア: コミック 購入: 5人 クリック: 66回 この商品を含…

岡崎に捧ぐ 2

続けて最近出たばっかりの2巻も。中学生編。 岡崎に捧ぐ 2 (コミックス単行本) 作者: 山本さほ 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2015/12/25 メディア: コミック この商品を含むブログ (3件) を見る 第二次性徴、部活、校則、「スクールカースト」、初恋、不…

岡崎に捧ぐ 1

糸井さんのRTでたまに「ひまつぶしまんが」を見かけておもろいなーと思ってた山本さほさんの漫画、だいぶ周回遅れでしょうが読みました。 岡崎に捧ぐ 1 (コミックス単行本) 作者: 山本さほ 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2015/05/20 メディア: コミック …

ティモシー・アーチャーの転生〔新訳版〕

去年末に出てた山形さんの新訳版を読了。 「『ヴァリス』三部作の完結編と呼ぶかは意見が分かれる」本やそうな。 たしかに、全然別の話とも言えるし、テーマは重なってるとも言える。 ティモシー・アーチャーの転生〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫SF) 作者: フィリ…

しあわせの理由

山形さんが坂村先生の解説込みで褒めてたのを見かけて購入。 クラクラするほど面白かった。 しあわせの理由 (ハヤカワ文庫SF) 作者: グレッグイーガン,Greg Egan,山岸真 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2003/07 メディア: 文庫 購入: 16人 クリック: 266…

人間の性はなぜ奇妙に進化したのか (草思社文庫)

面白かった。 祝日にダラダラ読むのにふさわしい本でした。 文庫 人間の性はなぜ奇妙に進化したのか (草思社文庫) 作者: ジャレドダイアモンド,長谷川寿一 出版社/メーカー: 草思社 発売日: 2013/06/04 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (5件) を見る ヒ…

サラリーマン山崎シゲル ~THE SWORD OF GALAXY~

難しい本読む気力はないので・・広島丸善で買って帰り、即読了。 サラリーマン山崎シゲル ~THE SWORD OF GALAXY~ (ポニーキャニオン) 作者: 田中光 出版社/メーカー: ポニーキャニオン 発売日: 2015/05/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (65件) を…

老人と海 (新潮文庫)

さて最後の冬休み読書録。 これは一番積み期間長かったな。なんせ買ったの2003年…就職した年やな。 老人と海 (新潮文庫) 作者: ヘミングウェイ,福田恆存 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2003/05 メディア: 文庫 購入: 23人 クリック: 184回 この商品を含む…

仕事に効く 教養としての「世界史」

HONZで紹介されてたの見て買って読み始め、ローマ教会のとこまで来て頓挫。 20ヶ月ほど間が空いてしまい、2016/1/3やっと読了。 まあそんな期間も、悠久の世界史 から見たら点に過ぎないのだが。() 仕事に効く 教養としての「世界史」 作者: 出口治明 出版…

小さなチーム、大きな仕事〔完全版〕

意識高げなエンジニアさんのブログで見かけて注文しました。 完全版とのことで、カラフォー&パワフォーな装丁です。2016/1/3読了。 小さなチーム、大きな仕事〔完全版〕: 37シグナルズ成功の法則 作者: ジェイソン・フリード,デイヴィッド・ハイネマイヤー…

お金がどんどん増える人 お金がたちまち消える人

帰省時におかんから渡され、親孝行と実利を兼ねて2016/1/1読了。 お金がどんどん増える人 お金がたちまち消える人 作者: 午堂登紀雄 出版社/メーカー: 学研パブリッシング 発売日: 2015/05/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る ゲスな言い方をす…

ゴリオ爺さん

続いてまたおフレンチな一冊を。 山形さんが「意外にも面白い!」みたいなこと書かれてたので読んでみた。2016/1/1読了。 ゴリオ爺さん (新潮文庫) 作者: バルザック,平岡篤頼 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1972/05/02 メディア: 文庫 購入: 3人 クリッ…

悲しみのイレーヌ

『その女アレックス』はたしか2014末に読んで衝撃を受けた。 で、ちょっと前に原田英男さんがtwitterで書かれてたのを見て、2015末も読んでみました。年末恒例ピエール・ルメートルにしよかなと。2015/12/31読了。 悲しみのイレーヌ (文春文庫 ル 6-3) 作者:…

戦争する国の道徳

この年末年始は珍しく、溜まってた積ん読をわずかに消化できた。 しかし読むだけなら楽しいけど、記録するとなると気が重い。 いや、だからこそささっと書いてしまおう。 てことで1行読書感想文を書いていく。 戦争する国の道徳 安保・沖縄・福島 (幻冬舎新…

目玉焼きの黄身 いつつぶす? 6

仕事納め。珍しく明るいうちに上がり、帰りに丸善で買ってきて夜読んだ。 目玉焼きの黄身 いつつぶす? 6 (ビームコミックス) 作者: おおひなたごう 出版社/メーカー: KADOKAWA/エンターブレイン 発売日: 2015/12/25 メディア: コミック この商品を含むブログ…

聖なる侵入 [新訳版]

どうにか呼び出されることもなく終えられそうな3連休の最終日に読了。 聖なる侵入〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫SF) 作者: フィリップ・K.ディック,Philip K. Dick,山形浩生 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2015/01/23 メディア: 新書 この商品を含むブログ (…

人と企業はどこで間違えるのか?(またはビジネスの冒険)

「あのウォーレン・バフェットがビル・ゲイツに渡した」云々の宣伝にまんまと踊らされてナイーヴにも買ったクチですが、これは2015/9/6読了。 邦題はやや意訳すぎかもしれない。何やら「失敗学」的な本に思えるが、原題は Business Adventures、まさに「ビジ…

猫の草子

『五色の舟』が良かったのでこれも買ってみました。 商工センター入口~八丁堀間で読了。 猫の草子 (ビームコミックス) 作者: 近藤ようこ 出版社/メーカー: KADOKAWA/エンターブレイン 発売日: 2015/08/24 メディア: コミック この商品を含むブログ (2件) を…

ヴァリス〔新訳版〕

山形さんによる新訳版を読みました。 最初からずーっと予想外の展開で、面白かった。 ヴァリス〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫SF) 作者: フィリップ・K・ディック,山形浩生 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2014/05/09 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (15…

競売ナンバー49の叫び

『重力の虹』とか興味あるけど、ゴツすぎて怯んでしまう。 てことで、「はじめてのピンチョンにお薦め」らしいこの本をやっと読みました。 競売ナンバー49の叫び (ちくま文庫) 作者: トマス・ピンチョン,志村正雄 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2010/04…

新装版 ルナティック雑技団 1-3

予約してたのが先週届き、今日一気読み。 すばらしかった。本編は全話読んでたはずやけど、今でも爆笑できた。 (最終話はあっさりしすぎてて覚えてなかった) 「この野ブタ野郎ーー」「ひーー奴らがきたわっ」とか。10万14歳とか、全部覚えててもやはりおも…

目玉焼きの黄身 いつつぶす? 5

先週届いてたのを開封し、念願のこれを読みました。 目玉焼きの黄身 いつつぶす? 5 (ビームコミックス) 作者: おおひなたごう 出版社/メーカー: KADOKAWA/エンターブレイン 発売日: 2015/07/25 メディア: コミック この商品を含むブログ (3件) を見る 今回も…

奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール

江口先生が絶賛してたのを見て、さっそく買って読んでみました。 ※ネタバレなき小並感です 奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール 作者: 渋谷直角 出版社/メーカー: 扶桑社 発売日: 2015/07/23 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件…

非知性的な日々に読んだ本

帰宅は毎晩25時過ぎ、3連休も全部出る。何年ぶりかでそんな非知性的な生活してるので、めっきり読書量も減ってしまった。 そんな中、久々の2連休にやっと読めた。 日本の反知性主義 (犀の教室) 作者: 内田樹,赤坂真理,小田嶋隆,白井聡,想田和弘,高橋源一郎,…